岩倉市の新築戸建て、土地は【ワントップハウス岩倉店へ】 > 株式会社ロックフィールドのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を早期売却へと導く「内覧」のコツとは

不動産を早期売却へと導く「内覧」のコツとは

≪ 前へ|新年初★イベント情報!   記事一覧   売却時にマイナンバーの提供が必要?不動産取引でマイナンバーカードの提示をする条件|次へ ≫

不動産を早期売却へと導く「内覧」のコツとは

カテゴリ:不動産売却

不動産を早期売却へと導く「内覧」のコツとは

不動産売却を実現には、「内覧」の成功がひとつのカギとなります。
内覧時には、できるだけ部屋をきれいにしておくことが、購買意欲を高めるポイントといわれます。
今回は、清掃はもちろん、見せ方の工夫や当日の対応など、内覧者の心をつかみ、不動産売却を成功へと導く対策をまとめてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

内覧で好印象を与えて不動産売却する「清掃のポイント」

内覧で好印象を与えて不動産売却する「清掃のポイント」

「清潔感」が与える第一印象

内覧は、購入検討している方にとって、それまで図面や写真などで見ていた不動産を直接自分の目で確かめる機会になります。
内覧で与える印象は、早期の不動産売却を実現する決め手ともなり得ます。
そこで、もっとも大切なポイントのひとつが「清潔感」です。
清潔感を印象付けるために、清掃をしっかりおこない、内覧を成功させ、ひいては有利な不動産売却をかなえたいですね。

「玄関」は内覧の第一印象!?

通常、内覧で、最初に室内にお迎えするのが玄関ですね。
ドアを開いて、ぱっと視界に広がる玄関の様子が、売却する不動産の第一印象になるといってもよいでしょう。
清掃の際には、まずほうきで掃き掃除をし、水拭きもします。
とくに家族が多い場合も、靴がちらかっていないよう靴箱に片づけておきましょう。
雨の日の後など、傘を出したままにせず、傘立てに直しておくことも好印象につながりますよ。

「リビング」が購入意欲に影響!?

リビングは、家族が過ごす暮らしのステージともいえますから、マイホームを検討している人にとって重要なポイントです。
清潔なリビングを内覧でみせることも、不動産売却につながります。
リビングの清掃では、室内の片付けをすることはもちろんですが、網戸についてもきれいにしておきましょう。
もしも破れていたら、補修します。
また意外と思われるかもしれませんが、壁紙を拭いておくことも印象をアップさせます。
拭いて白さや明るさが増した壁紙によって、リビングを広く感じさせる効果が期待できます。

「水まわり」はチェックされる重要箇所

不動産購入を考える内覧者が、もっともチェックするのが水まわりといわれます。
キッチンをはじめ、バスルーム、洗面所、トイレと家のなかの水まわりは多岐にわたります。
自分で清掃する際のポイントとしては、キッチンに生ごみはおかず、食器類も片づけておきましょう。
そのうえで、シンクや蛇口などはピカピカにしておきたいですね。
白い水垢はカルシウムなどによるものです。
クエン酸などで清掃するのも有効です。
水まわりの清潔感は重要ですから、場合によってはハウスクリーニングを検討するのもおすすめです。
頑固な汚れなど、プロユースの洗剤なら落ちやすく、水まわりの美しさを取り戻せるでしょう。

「庭」「バルコニー」も忘れずに!

つい室内に集中しがちですが、庭も売却する不動産の大事な一部です。
また、バルコニーもこだわってチェックする人がいますから、忘れずに清掃しましょう。
庭なら、雑草をとり、園芸道具などを片付けておきます。
バルコニーも同様に、内覧までに整理整頓しておきましょう。

不動産売却を引き寄せる!?内覧のための見せ方テクニック

不動産売却を引き寄せる!?内覧のための見せ方テクニック

「広く」感じる見せ方の工夫

「清潔感」とともに、「広く」感じさせる見せ方ことが、重要なポイントです。
清掃以外でも、売却したい不動産の印象を上げる工夫があるので、実践しましょう。
より広く感じさせたいとき、まずは、室内の物を減らしましょう。
具体的には、床面に物を置かないことや、玄関まわりに高さのある物を置かないことなどが有効です。
見えるところに物を配置するときは、高さをそろえて置くことや、奥行きを意識して並べることが、広く見えるコツとなります。
収納カゴなどのも大きさをそろえると、整然とした印象なり、内覧で好印象を与えます。
それでもあふれてしまった物は、引越しの荷物を減らす機会にもなるので、処分することも検討しましょう。

「明るく」感じる見せ方の工夫

また「明るく」感じさせる見せ方の工夫も、内覧者の評価を得られるポイントとなります。
明るい室内を実現する工夫としては、まず窓ガラスを拭き、窓からの採光をさえぎらないように、物を置かない工夫をしましょう。
照明器具もシェードを拭くだけで、印象が変わる場合があります。
明るさが足りないと感じたら、蛍光灯などを明るいものに取り換えることもおすすめです。
間接照明よりも、明るさを確保したほうが、印象アップに効果的です。

不動産売却のために「内覧当日」も万全に!直前の対策と心得

不動産売却のために「内覧当日」も万全に!直前の対策と心得

最後、内覧当日にもできる工夫や対策をお伝えします。
万全の状態で内覧者をお迎えして、不動産売却をかなえましょう。

当日の対策①換気とにおい

知人宅を訪問したときなど、家庭ごとに特有のにおいを感じたことはありませんか?
住人はわからなくても、はじめて訪問する内覧者にとって、においが気になるケースもあります。
当日は、まず換気をよくおこないましょう。
夏や冬など、空調をきかせる前に換気をおこなうことが大切です。
空調については、エアコンがにおいの元にならないよう気を付けておきます。
トイレも、忘れずに換気扇をまわしておきましょう。
また、カーテンやソファ、シーツなどのファブリックには消臭スプレーが直前の対策となります。
におい対策で、とくに気を付けたいのは玄関です。
靴箱も消臭し、芳香剤などを置いておきましょう。

当日の対策②明るさ

事前に、採光や蛍光灯の交換をなどの工夫を済ませておいたら、当日は、家のなかの照明は基本的にすべてつけておくようにします。
内覧する人が到着してからでは、かえって元が暗いという印象を与えかねません。
また、明るくしておくことは、内覧でよく見てもらうためにも親切ですね。
カーテンも開けておくようにしましょう。

お迎えの準備

対策が済んだら、おもてなしの気持ちがつたわるように、お迎えの準備を整えておきましょう。
玄関にはスリッパを用意しておきます。
はじめて訪問する人にとって、スリッパがないと、抵抗を感じる人もいます。
履かない習慣の人もいますが、スリッパを用意しておくほうがおすすめです。
また、到着時に快適に感じてもらえるよう、季節にあわせた温度設定で、空調をきかせておきましょう。
余裕があれば、売却する不動産アピールポイントや周辺環境の地図やポイントを書いたボードを用意しておくのも、効果的です。
不動産売却する売主らしい目線でのアピールポイントに、説得力を感じてもらえるでしょう。

売主は当日どうする?

当日は、売却する不動産はできるかぎり、すべて見せる心づもりでいるのが理想的です。
部屋はもちろん、収納も中を見てもらうようにします。
そのためにも、事前の片づけが大切になりますね。
また、不動産売却をする売主は、当日お迎えをしたら、あいさつをしてその場を離れておくことも大切です。
売却を願う売主が視界に入ると、内覧者もつい気を使ってしまうこともあるでしょう。
じっくり検討してもらうためにも、不動産会社の担当者にその場をまかせておくことがおすすめです。
そうすることで、内覧者が価格の話や質問をしやすくなりますよ。

まとめ

清掃はもちろん、さまざまな角度から、内覧に向けた見せ方の工夫や対策法があります。
日頃の片付けなど不動産売却する売主が自分でおこないますが、よりよく見せるコツや、自分で気づかないアピールポイントなど、ぜひプロである不動産会社の担当者にもおたずねください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|新年初★イベント情報!   記事一覧   売却時にマイナンバーの提供が必要?不動産取引でマイナンバーカードの提示をする条件|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • スタッフ紹介
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ロックフィールド
    • 〒482-0024
    • 愛知県岩倉市旭町1丁目25番地
    • TEL/0587585822
    • FAX/0587585823
    • 愛知県知事 (1) 第24029号
  • QRコード
  • GOTO不動産キャンペーン

トップへ戻る