岩倉市の新築戸建て、土地は【ワントップハウス岩倉店へ】 > 株式会社ロックフィールドのスタッフブログ記事一覧 > 新築一戸建てを購入前にかかる費用と購入後の維持管理費を解説

新築一戸建てを購入前にかかる費用と購入後の維持管理費を解説

≪ 前へ|不動産売却における持ち回り契約とは?手順やメリット・デメリットをチェック   記事一覧   不動産売却をキャンセルする場合の違約金などについて|次へ ≫

新築一戸建てを購入前にかかる費用と購入後の維持管理費を解説

カテゴリ:不動産購入

新築一戸建てを購入前にかかる費用と購入後の維持管理費を解説

夢のマイホーム。
多くの人が一度はあこがれる新築一戸建てですが、実際に購入する場合どのようなコストがかかるのかまで分かっている人は少ないです。
また、住宅ローンを利用した場合は、フルローンで購入できるのかどうかといった点も気になるところです。
この記事では、購入にかかるコストや頭金、購入後に必要な維持費といった点について詳しく解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

新築一戸建ての購入にかかる諸費用にはなにがある?

新築一戸建ての購入にかかる諸費用にはなにがある?

まず気になる点は、購入する場合にかかるコストです。
どのようなコストがかかるのでしょうか?
具体的にコストとして挙げられるのが印紙税や登記費用、住宅ローンにかかる手数料などが挙げられます。
住宅ローンに手数料に関しては、現金一括購入する場合にはかかってくるコストではありません。
他にも不動産取得税や土地購入時の仲介手数料などもコストとして考えておく必要があるでしょう。
まず必ずかかるコストとして印紙税と登記費用について触れましょう。
印紙税は、契約書に貼りつける印紙のことです。
契約する金額によって定められた印紙税を、印紙を購入することで納税します。
基本的に土地の売買契約書や新築一戸建てを建築する際の請負契約書。
住宅ローンを利用する場合に締結するローン契約書などに印紙が必要になります。
次に必要なのが登記費用です。
土地と建物があなたのものだと登記簿に記載する必要があります。
また住宅ローンを利用する場合には、建物や土地に抵当権を設定して融資しますので抵当権の設定も必要です。
このような登記を行う場合は登録免許税を支払わなければいけません。
あわせて、多くの人は司法書士に登記を依頼しますので司法書士の手数料が必要です。
住まいを購入する場合約80%の人は、住宅ローンを利用してマイホームを購入します。
住宅ローンを利用する場合にもいくつかの諸費用が必要です。
まず必要なのは融資手続きに関する手数料。
ローンをする金額によっても異なるので一概にはいえませんが一般的には融資金額の2%から5%程度の金額が必要です。
また、住宅ローンを利用する場合、保証会社への加入を義務付けられます。
保証会社とは、万が一、ローンの契約者が返済を滞らせた場合などに、保証会社が金融機関へローン契約者に代わって支払う契約です。
ローン契約者の債務がなくなるわけではありません。
債務が金融機関から保証会社へ移るだけです。
しかし、万が一でもローンが滞らないように金融機関がリスク回避のために加入しなければいけません。
住宅ローンの商品内容によっては保証会社にかかるコストは、無料のケースもありますが一般的には金利に上乗せされるか一括で保証料を支払います。
また、団体信用生命保険(団信)の保険料も忘れてはいけません。
住宅ローンの返済は、長期に渡る返済です。
最大35年間も支払い続けなければいけません。
35年の間にローンの契約者が亡くなるかもしれませんし、高次障害になり住宅ローンを支払えない可能性があります。
この場合、団体信用生命保険(団信)に加入していると、残りの残債が保険金で賄われるのです。
近年では、がんにかかった場合や、3大疾病にかかった場合にも保険金が下りる団信もあります。
団信のコストは、住宅ローン金利に上乗せされるケースが多いです。
このようなコストを諸費用として考える必要があります。
不動産取得税も押さえておきたい諸費用です。
土地や建物といった不動産を取得すると、不動産取得税を支払わなければいけません。
一般的には固定資産税評価額に一定の税率をかけたものとなりますが、軽減措置などを利用できる場合もあり、不動産取得税がゼロというケースも多くあります。
購入前にこれらの諸費用をしっかりと計算し把握しておくことが大切なポイントです。

新築一戸建ても購入するときに頭金は必要?必要ならどの位?

新築一戸建ても購入するときに頭金は必要?必要ならどの位?

先ほど、80%の人が住まいの購入にあたり、住宅ローンを利用すると述べました。
では、住宅ローンを利用する場合、フルローンで借りることは可能なのでしょうか?
フルローンで住宅ローンを組むことは可能です。
しかし全てが大丈夫というわけではありません。
金融機関の審査により自己資金なしでは住宅ローンが通らないこともあります。
できれば頭金を少し準備して住宅ローンを組むことがおすすめです。
なぜなら、毎月の支払い負担が減るからです。
また借りる金額が多ければ多いほど、最終的に支払う総支払額は多くなります。
できる限り自己資金を準備することで、ローンを利用して借りる金額を少なくすると、毎月の生活にゆとりが出る可能性が高くなるでしょう。
ただし自己資金全てをつぎ込むと、万が一の場合や緊急時にお金が全くなくて支障が出るかもしれません。
新しい生活を送る際に予期していないお金が必要になるかもしれませんので、生活資金は一定額蓄えておいた方が良いでしょう。
一般的に頭金の額でよく言われるのは購入代金の2割を準備しておこうといわれます。
しかし、実は全く根拠はありません。
住宅ローンを申し込む額と年収の比率や、生活費の違いなどでも全く異なります。
まずは、急場の運転資金をどの程度蓄えておくと安心なのかをしっかりと計算しましょう。
その中で余った資金を頭金として準備し、毎月の返済計画などから購入できる資金計画を立てると現実的な資金計画を立てることが可能です。
住宅ローンなどマイホームの購入プランは、金融機関の窓口などでライフプランナーへの相談もできます。
このようなサービスを利用するのも効果的です。

新築一戸建てを購入した後、どのような維持費がかかるの?

新築一戸建てを購入した後、どのような維持費がかかるの?

ここまでは新築一戸建て購入前にかかるコストなどについて述べました。
しかし、購入前だけではなく購入後にかかる維持費もチェックしておかなければいけません。
マンションを購入した場合は、管理組合が来るべき全体改修に向けて毎月修繕積立金を徴収しています。
しかし、一戸建ての場合は全て自分で行わなければいけません。
一戸建ての維持管理費がどの程度かかるのかといった点は、全てを理解している人はほとんどいないでしょう。
また、具体的な維持費は、住まいの広さやエリアによっても異なりますので一概にはいえません。
主にかかるコストとして一番に思い浮かぶのは固定資産税や都市計画税です。
これらの税金は、毎年自治体から請求される地方税で1年間の納付書を4回に分けて支払います。
また、当初は必要ありませんが、少し年数がたつと修繕を行う箇所が出てくるでしょう。
また10年から15年を目安として外壁塗装や鉄部塗装といった全体改修工事を行い維持管理に努めて長持ちさせないといけません。
全体改修工事は、特に大きな修理代金がかかります。
百万円単位での支出が必要です。
マンションの修繕積立金のように、独自で修繕用のお金を積み立てておくと、来るべき全体改修工事の時期に資金繰りの悩みが無くなります。
税金、修繕費、全体改修費の積立金などを維持管理費として考えておくといいでしょう。

まとめ

新築一戸建ての購入は、多くの人が一度は夢見ていることでしょう。
しかし、必要なコストは土地の購入と家の建築だけではありません。
購入にはさまざまなお金がかかります。
また、住宅ローンを利用する場合はフルローンも可能ですが、できるなら自己資金を準備して毎月の負担を減らすと、無理がない返済計画が可能です。
また購入後の維持管理費も忘れてはいけません。
毎年請求される固定資産税や都市計画税、修繕費など維持管理費も考えておく必要があります。
マイホーム計画に不安がある場合は、売買を手掛ける不動産会社にご相談してみてはいかがでしょうか?

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|不動産売却における持ち回り契約とは?手順やメリット・デメリットをチェック   記事一覧   不動産売却をキャンセルする場合の違約金などについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • スタッフ紹介
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ロックフィールド
    • 〒482-0024
    • 愛知県岩倉市旭町1丁目25番地
    • TEL/0587585822
    • FAX/0587585823
    • 愛知県知事 (1) 第24029号
  • QRコード
  • GOTO不動産キャンペーン

トップへ戻る