岩倉市の新築戸建て、土地は【ワントップハウス岩倉店へ】 > 株式会社ロックフィールドのスタッフブログ記事一覧 > 売却前に知っておきたい!値引き交渉になる前の事前準備や対策は?

売却前に知っておきたい!値引き交渉になる前の事前準備や対策は?

≪ 前へ|不動産売却に有利!?ホームステージングのメリットとは?費用は?   記事一覧   戸建ての保険の選び方!種類やメリットを知り適したものに加入しよう|次へ ≫

売却前に知っておきたい!値引き交渉になる前の事前準備や対策は?

カテゴリ:不動産売却

売却前に知っておきたい!値引き交渉になる前の事前準備や対策は?

不動産売却において、物件の値引き交渉は頻繁に行われます。
スムーズな取引をおこなうためのものですが、赤字になってしまうような値引き交渉があった際、どのように対処すればいいのでしょうか?
この記事では値引き交渉をテーマに、準備すべきことや交渉されやすい物件の特徴、具体的な対策をお伝えします。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

売却時の値引き交渉に備えた準備とは?

売却時の値引き交渉に備えた準備とは?

まずは売却時における、値引き交渉の事前準備を見ていきます。

相場を知っておく

売却する前の準備として、相場を知っておくという点が挙げられます。
相場のチェックは、不動産売却する方の多くがおこなう準備ではないでしょうか?
相場を知っておかないと売り出し価格を決定できませんし、高すぎたり安すぎたり、相場とかけ離れた金額で取引される可能性があるからです。
売却したい物件の周辺にはどのような不動産が売りに出されていて、どのくらいの金額なのかを調べておけば、相場とかけ離れた値引き交渉はハッキリ断れるでしょう。

引き渡しまでにどのくらいの費用がかかるのかを知っておく

引き渡しまでにどのくらいの費用が必要になるのか、具体的な金額を知っておくのも値引き交渉に備えた準備です。
不動産の売却は洋服や食べ物を販売するときのように、さまざまな費用がかかります。
登記費用や契約書に貼り付ける印紙代、仲介手数料など、思っていた以上の費用がかかるかもしれません。
最終的な売却利益は売却金額から経費をマイナスして算出するので、金額がわかれば手元に残るお金が把握できるかと思います。
「このくらいの値引き交渉なら大丈夫かな」と、赤字にならないボーダーラインが見えてくるので、ぜひ事前準備としておさえておきましょう。

最低の値引き額を決めておく

最低の値引き額を決めておくのも、値引き交渉に備えた準備です。
冒頭でもお話ししましたが、中古物件の売却には値引き交渉が付きもの。
しかし買い主の希望通りの値引き交渉に応じてしまっては、売り主が損してしまうかもしれません。
そのため「値引き交渉はこの金額まで」という風に、最低の値引き額をあらかじめ決めておきます。
最低の値引き額より高く売れればそれでOKですし、もし最低の値引き額まで下がったとしても赤字にはなりません。
値引き交渉は、「少しでも安く購入したい」という買い主の気持ちだけでなく、「満足度の高い売却をしたい」「早く成約したい」と思う売り主の気持ちも大切です。
お互いが気持ちよく取引できるよう、適切な値引き額を決めておきましょう。

売却の目的を明確にする

値引き交渉に備えた準備として、売却の目的を明確にするという点も挙げられます。
「いくらでもいいから早く売りたい」「できる限り高く売って現金を増やしたい」など、目的によって値引き交渉の仕方が異なるからです。
いくらでもいいから早く売りたいのであれば、相場より安い金額でもいいでしょう。
目的によって売り出し価格や値引き交渉の金額が変わってくるので、どのような売却をしたいのか、思いや考えを明確にしておきます。

売却時に値引き交渉されやすい物件の特徴

売却時に値引き交渉されやすい物件の特徴

では売却時に値引き交渉されやすいのは、どのような特徴を持った物件なのでしょうか?

売れ残っている

売れ残っている物件は、値引き交渉されやすい不動産の特徴です。
長期間売り出されていてなかなか売れない物件は、金額が高い、立地が悪いなどなにかしらの原因があります。
そのため買い主にとっては値引き交渉する理由が明らかです。
売れ残っている物件は、値引き交渉されやすい物件の特徴としておさえておいてください。

古い中古物件

中古物件も値引き交渉されやすい特徴を持っています。
日本人は中古より新築を選ぶ傾向にあるため、「中古物件=値引きが前提」と考えている方も少なくありません。
年月の経過とともに資産価値が下がり、売却金額も安くなるのは当然なのですが、「中古物件は値引き交渉されやすい」ということを念頭に置いておきましょう。

周辺に同じようなスペックの物件がある

周辺に同等の築年数、床面積の物件が売りに出されている場合、値引き交渉されやすいと言えます。
周辺環境や立地はほとんど変わらないため、場合によっては安い方が先に売れてしまうことも。
そのため安い方と同じくらいの金額で購入したいという思いから、値引き交渉になる可能性があります。
ほかの物件にはない魅力や、特徴をアピールすれば、大幅な値引き交渉を回避できるかもしれませんね。

一般媒介で売りに出す場合

一般媒介で売りに出す場合、値引き交渉されやすいので注意してください。
複数の不動産会社に仲介を依頼できる契約のため、「なかなか買い主が見つからない物件」と思われがちです。
そのため値引き交渉につながる可能性が高いでしょう。

相場より高い場合

周辺相場より高い場合、値引き交渉される可能性が高いです。
買い主のなかには、問い合わせや内覧前に周辺相場を調べ、価格を比較して購入の可否を決める方も多くいます。
売却の目的によって売り出し価格が異なるものの、相場とあまりにもかけ離れた金額だと値引き交渉されやすいので注意してください。

売却時に値引き交渉の対策

売却時に値引き交渉の対策

次に値引き交渉された場合の対策を見ていきます。

タイミングを見計らう

値引き交渉されたときの対策として、まずはタイミングを見計らってみましょう。
売りに出してすぐのタイミングなら、応じないというのも1つの手です。
内覧者や購入希望者がまだいるかもしれないので、数カ月間は物件の動きを見るようにします。
売りに出して半年以上経過しても内覧者が現れない場合、値引き交渉に応じてもいいでしょう。
「ここで交渉しないと売却できない」というタイミングを見計らうのがポイントです。

いくらまでなら出せるか買い主に聞く

買い主から希望金額を聞いておくのも対策の1つです。
たとえば3,000万円の物件を購入したいが、買い主の希望金額は2,800万円だったとします。
200万円をそのまま値引きするのではなく、「その半額の100万円の値引きではどうでしょう?」という風に、歩み寄ってみましょう。
「2,800万円じゃないと購入できない」という買い主以外は、上記の交渉で成約に至るケースがほとんどです。
いくらまでなら出せるかを聞き、歩み寄りの姿勢を見せることが大切です。

引き渡しの条件を変えてみる

値引き交渉された際の対策として、引き渡し時の条件を変えてみるのもおすすめです。
売却したい物件に、シーリングライトやエアコン、カーテンレールなどが付いている場合、現状での引き渡しを交渉してみます。
買い主が引っ越し後にそろえるものが付いていれば、お得感を感じ、値引きに応じなくて済むかもしれません。
引き渡し後は引っ越ししたり家具家電をそろえたり、まとまった出費が発生しますよね。
その費用をカットできるのは、買い主にとって大きな魅力になるでしょう。
もし家具や家電を付けて引き渡す場合は、動作チェックをおこない、保証書や取り扱い説明書も一緒に渡します。
引き渡し後のトラブルを防ぐためにも、売買契約書にその旨を記載しておくのが得策です。

まとめ

この記事では売却時の値引き交渉をテーマに、事前におこなっておく準備や交渉されやすい物件の特徴、適した対策をお伝えしました。
不動産売却において値引き交渉はつきものなので、事前準備や、交渉があった際の対策をおさえておきましょう。
今回ご紹介した内容を参考にしていただき、満足度の高い売却をおこなってください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|不動産売却に有利!?ホームステージングのメリットとは?費用は?   記事一覧   戸建ての保険の選び方!種類やメリットを知り適したものに加入しよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • スタッフ紹介
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ロックフィールド
    • 〒482-0024
    • 愛知県岩倉市旭町1丁目25番地
    • TEL/0587585822
    • FAX/0587585823
    • 愛知県知事 (1) 第24029号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

岩田久美子 最新記事



岩田久美子

明るく元気に住まい探しをサポート致します! ただの興味本位から資産運用まで、分からないこと・不安や疑問など、何でもご相談下さい!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る