岩倉市の新築戸建て、土地は【ワントップハウス岩倉店へ】 > 株式会社ロックフィールドのスタッフブログ記事一覧 > 戸建ての保険の選び方!種類やメリットを知り適したものに加入しよう

戸建ての保険の選び方!種類やメリットを知り適したものに加入しよう

≪ 前へ|売却前に知っておきたい!値引き交渉になる前の事前準備や対策は?   記事一覧   家族みんなに便利!戸建ての「ホームエレベーター」のメリットや費用|次へ ≫

戸建ての保険の選び方!種類やメリットを知り適したものに加入しよう

カテゴリ:不動産全般

戸建ての保険の選び方!種類やメリットを知り適したものに加入しよう

戸建てを購入すると、保険への加入を検討しなければなりません。
さまざまな種類があるため、「どれに加入しよう…」と悩んでしまいますよね。
保険の仕組みは意外に難しく、適した種類を見極めるのは簡単ではありません。
そこでこの記事では保険の種類と、その特徴をお伝えします。
マイホームの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建てにおける保険の種類:火災保険

戸建てにおける保険の種類:火災保険

戸建てにおける保険の種類として、まず挙げられるのが火災保険です。
火災保険は建物のさまざまな部分をカバーしてくれます。
戸建てにおける保険はこの火災保険がベースになり、付帯するかたちで家財保険と地震保険に加入するのが一般的です。
そのため戸建てを購入するにあたり、加入が義務付けられているケースも多いでしょう。
ひとつ注意したいのが、保障されるのは「建物のみ」というところです。
家具や家電、生活用品は保障されないので注意してください。
また火災時のみしかカバーされないと思われがちですが、一般的に以下の災害も含まれます。

落雷・爆発・破裂・水災・風災・雪災・降雹・盗難・水漏れ
このように自然災害にはさまざまな種類があります。
複数のリスクに備えられるので、ぜひ加入しておきましょう。
ただし盗難と水漏れ、爆発や破裂はオプションになることがあります。
盗難と水漏れ、爆発や破裂の心配がある場所にマイホームを持つは、加入を検討してみてください。
※盗難や水漏れなど保険の種類によっては含まれないものもあります。

一般的にどれを選んでもOK

火災保険は戸建てを購入した際、不動産会社や住宅ローンを利用する金融機関からの提案があります。
提携しているところを選んでも大丈夫ですが、自分自身で会社を見つけてもOKです。
条件や料金など複数のプランを見比べ、適した種類を選んでください。

地震が原因の火災は保障外なので注意!

火災保険は、実は地震の火災はサポートされません。
これは意外に知らない方が多いので注意が必要です。
地震による火災は、カバーされないということを覚えておきましょう。

戸建てにおける保険の種類:家財保険

戸建てにおける保険の種類:家財保険

戸建てには家財保険というものもあります。
家財保険は家具や家電などの損害に備える保険です。
戸建てのなかにある生活用品に対して加入する保険で、生活に必要なものを幅広くカバーしてくれます。
先ほどお話しした通り、火災保険は戸建ての建物を保障するもののため、それ以外の部分はカバーされません。
たとえば不注意で火事が発生した場合、家具や家電が壊れてしまうケースも多いですよね。
建物自体は保障されますが、戸建てのなかにあった家具や家電は、自分自身で買い替える必要があります。
火災だけでなく落雷で家電製品が壊れたり、大雨による水漏れで、テーブルやソファーが水浸しになってしまったりすることもあるでしょう。
家具や家電を一式そろえるのは、お金も時間もかかり大変です。
また家具はオーダーメイドや一点ものなど、愛着を持って使用している方も多いかと思います。
そのような家財もサポートしてくれるので、気持ちの面でも楽になりますね。

家財保険で保障されるもの

家具や家電以外に以下の生活用品が保障されます。

クローゼットのなかにある衣類・本・ふすま・コンロ・バスタブ
家具と家電以外にも、さまざまなものをカバーしてくれることがわかります。
家財に該当するものはたくさんあるので、どのようなものが当てはまるのか、あらかじめチェックしておくといいでしょう。
戸建て全体を守るためには、火災保険のみでは不足なので、必要に応じて加入してください。
また家財保険も好きな会社を選ぶことが可能です。
料金や保障内容を見比べ、選んでください。
またなかには日常生活で起きた損害もカバーしてくれるものもあります。
内容によってはオプションでつけることも可能なので、加入するプランがどのような種類なのか調べておくのがおすすめです。

家財保険の料金はどのくらい?

家財保険の料金は、加入する会社や保障内容によって異なります。
目安は30代の夫婦2人なら600万円から700万円、40代なら1,000万円から1,300万円です。
1人暮らしの場合、あまり多くの家具や家電は持っている方は、少ないのではないでしょうか?
そのため独身で1人暮らしの場合は、300万円から400万円が料金の目安です。
一般的に所有している家具や家電のボリュームや、金額によって保障金額を決定します。

自転車やバイクは対象外

戸建ての生活用品をカバーしてくれる反面、自転車や自動車、バイクなどの乗り物はサポートの対象外です。
戸建てのなかにあった現金や有価証券も基本的には保障されません。
同じ家財でも、カバーできるものとできないものがあるので、加入前に保障の範囲をチェックしておくようにしましょう。

戸建てにおける保険の種類:地震保険

戸建てにおける保険の種類:地震保険

地震保険は地震で生じた、以下のような被害をカバーしてくれる種類です。

噴火・火災・埋没・損壊・流失・津波

戸建てや家財が損壊、流失した際など、幅広くサポートしてくれます。
先ほども少しお話ししましたが、地震が原因で発生した火災は、地震保険でないとカバーされません。
地震保険への加入は任意なので、必ずしも入る必要がなく、自分自身で判断することになります。
しかし地震大国と呼ばれる日本において、いつ巨大地震が起こるかわかりません。
小さな地震が多発しているエリアもあり、防災グッズをそろえたり、非常食などをそなえたりする家庭が増えてきました。
そのため最近は悩むことなく地震保険に加入する方も増えているのだそうです。
東日本大震災や熊本地震など、大きな被害を出した地震が来たとき、未加入の状態だと不安になるのではないでしょうか?
もちろん土地の状態やエリアによって、地震保険が必要ないケースもあるかと思います。
本当に必要かどうかをよく考え、加入するか否かを決めてください。
「万が一に備えたい」「お金を払って安心を買いたい」という方は、加入を検討するといいですね。

火災保険と一緒でないと加入が難しい

地震保険の保障範囲や金額は火災保険をベースに算出されるため、一般的には戸建ての購入時に一緒に契約します。
地震保険のみを契約したり、「やっぱり必要だった!」と思い、後から加入したりするのは難しいので、戸建てを建てる前から検討しておくといいでしょう。
またなかには「火災保険に入っているから地震が起きても安心」と思う方がいます。
地震が起きたときの損害には対応していないので、注意してください。

火災保険の保障金額の3割から5割をカバー

地震保険で保障されるのは火災保険の保障金額の3割から5割です。
10割保障してくれるのかと思いきや、約半分しかカバーされないので、この点も注意しておきましょう。

料金とカバー内容は一律

地震保険はほかの種類とは異なり、政府が関係しています。
地震が起きた際の損害は思っているよりはるかに大きく、保険会社だけではカバーできないのが現状だからです。
また地震保険は公益性が高く、料金に保険会社の利益は含まれていません。
一般的なものと違い、料金や保障範囲が一律なのが大きな特徴です。
「料金が高いな」と思っても、どこも同じなので安心してください。

まとめ

戸建ての保険には3つの種類があります。
戸建ての保険はさまざまなリスクをカバーしてくれますが、損害のすべてを保障してくれるとは限りません。
そのため必要な種類を明確にし、優先的に選ぶのがポイントです。
内容やプランを見比べ、自分にピッタリのものを見つけてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|売却前に知っておきたい!値引き交渉になる前の事前準備や対策は?   記事一覧   家族みんなに便利!戸建ての「ホームエレベーター」のメリットや費用|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • スタッフ紹介
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ロックフィールド
    • 〒482-0024
    • 愛知県岩倉市旭町1丁目25番地
    • TEL/0587585822
    • FAX/0587585823
    • 愛知県知事 (1) 第24029号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

岩田久美子 最新記事



岩田久美子

明るく元気に住まい探しをサポート致します! ただの興味本位から資産運用まで、分からないこと・不安や疑問など、何でもご相談下さい!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る