岩倉市の新築戸建て、土地は【ワントップハウス岩倉店へ】 > 株式会社ロックフィールドのスタッフブログ記事一覧 > 住宅購入におけるペアローンの特徴!メリットと向いている人とは?

住宅購入におけるペアローンの特徴!メリットと向いている人とは?

≪ 前へ|岩倉市にある岩倉北小学校の教育方針!活動内容や寄せられた口コミは?   記事一覧   一戸建ての階段が苦痛になってきたら要検討!階段昇降機の設置方法・条件を解説|次へ ≫

住宅購入におけるペアローンの特徴!メリットと向いている人とは?

カテゴリ:不動産購入

住宅購入におけるペアローンの特徴!メリットと向いている人とは?

住宅を持つ際、これまで夫の名義で住宅ローンを利用するのが一般的でした。
しかし最近は共働きの夫婦が増え、ローンの組み方も変化しています。
そのなかでもペアローンは共働きの家庭におすすめです。
では具体的にどのような特徴を持っているのでしょうか?
この記事では住宅購入でのペアローンにスポットを当て、特徴や利用するメリットとデメリット、向いている人をお伝えしていきます。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅購入で利用するペアローンの特徴

住宅購入で利用するペアローンの特徴

住宅購入で利用するペアローンの特徴とは、ペアローンは1つのマイホームに対して、夫婦で契約することです。
それぞれが組むことで同じように債務を負うことになります。
リレーローンと混在しやすいですが、リレーローンは親子で組むものなので、仕組みが大きく異なります。
そのため返済は夫婦同時にはじまるのが特徴です。

夫は妻の、妻は夫の連帯保証人になる

お互いを連帯保証人に立てて、契約するのが一般的です。
夫は妻の、妻は夫の連帯保証人となるので、ぜひ覚えておきましょう。

返済金額と借り入れ総額はそれぞれ異なる

毎月の返済額と借り入れ総額は夫婦でそれぞれ異なります。
たとえば3,000万円のマイホームを購入した際、夫と妻で折半し、それぞれ1,500万円ずつ返済することも可能です。
しかし夫と妻で経済力が異なり、毎月の収入に差があるケースも多くあります。
そのような場合は夫が2,000万円、妻が1,000万円という風にそれぞれに合った返済比率で借り入れをすることが可能です。

団体信用生命保険もお互いに加入する

団体信用生命保険もお互いに加入するのが一般的です。
どちらかのみが加入するのではなく、お互いが加入する必要があります。
そもそも住宅ローンとは、一般的に収入の多い夫の名義で組むのが一般的でした。
妻が専業主婦という家庭も多く、夫1人で債務を負うかたちでマイホームを購入するケースが多かったのです。
しかし最近は、共働きの世帯が増えています。
女性の社会進出がすすみ、育児休暇を取って仕事に復帰する人も多いのではないでしょうか?
1人でローンを組みマンションなどを購入する女性も増えています。
男性と同じくらい稼ぐ女性も多くなったため、今後もペアローンを利用してマイホームを購入する夫婦は増加していくでしょう。

住宅購入でペアローンを利用するとどんなメリットがある?

住宅購入でペアローンを利用するとどんなメリットがある?

次に住宅購入でペアローンを利用するメリットとデメリットを見ていきます。

借り入れ金額を増やせる

メリットとしてまず挙げられるのが、借り入れ金額を増やせるという点です。
一般的に申し込み者の年収に応じて融資金額が決まるので、場合によっては希望金額に届かない場合があります。
しかしペアローンで組めば、夫婦2人の収入を合算して申し込むことが可能です。
1人では少ししか借り入れできない場合も、ペアローンなら多くのお金を融資してもらえるかもしれません。
融資金額が増えれば、住宅の選択肢が増え、より理想に近いマイホームを手に入れられるでしょう。

金利を別々にできる

金利を別々にできるのもメリットです。
住宅ローンの組み方はさまざまですが、一般的には変動金利か固定金利を選ぶことになります。
どちらにもメリットとデメリットがあるので、夫1人で組む場合、夫婦の意見が合わず、なかなか決まらないケースもあります。
しかし「夫は変動金利」「妻は固定金利」という風に、別々にできるのがメリットです。
もちろん同じ組み方を選ぶことも可能なので、どのように返済していきたいか、それぞれの意見を優先できます。

住宅ローン控除もそれぞれに適用される

住宅ローン控除がそれぞれに適用されるのも、メリットと言えます。
住宅ローン控除とは、年末の残高に応じて支払った税金が還付される制度です。
まとまったお金を受け取れるので、住宅ローン控除という制度に助けられている人も多いのではないでしょうか?
ただし以下の条件をクリアする必要があります。

●床面積が50平方メートル以上
●合算した収入が3,000万円以下
●返済期間を10年以上に設定した場合


上記の条件を満たさない場合、一般的には適用対象外となるので注意が必要です。

諸経費の負担が大きい

夫婦2人がそれぞれローンを組むため、事務手数料などの諸経費が多くかかります。
事務手数料だけでなく登記費用や司法書士への報酬、契約書に貼る印紙代など、さまざまな費用が2倍です。
夫1人で組む場合より多くの初期費用がかかるので、借り入れの総額が大きくなるのがデメリットでしょう。

団体信用生命保険の債務が免責されるのは夫か妻のどちらか

団体信用生命保険の債務が免責されるのは、夫か妻のどちらかという点もデメリットです。
団体信用生命保険とは、死亡したり高度障害を負ったりした場合、住宅ローンの返済義務がなくなります。
夫が1人でローンを組み、団体信用生命保険に加入していた場合、夫に万が一のことがあれば、妻はそれ以降のローンを支払わずに済むのです。
しかしペアローンの団体信用生命保険は、2人が加入できるものの、夫に万が一のことがあっても、妻の債務は消失しません。
もちろん夫の債務は免除されますが、妻のぶんは残るということをおさえておきましょう。

利用時はここに注意しよう!

当時はお互いに十分な収入があっても、それが一生続くとは限りません。
先ほどもお話ししましたが、夫1人で組むより借り入れ金額を増やすことが可能です。
だからといって融資できる金額いっぱい借りるのはリスクがあります。
マイホームを購入してから離婚したり、収入が減ったり、不測の事態に陥る可能性もあるからです。
そのため将来を見据えて、無理なく返済できる金額をそれぞれ設置する必要があります。
長い目で見て、入念な資金計画を練るのがおすすめです。

住宅購入でペアローンに向いている人

住宅購入でペアローンに向いている人

住宅購入でペアローンに向いている人とは、どのような人なのでしょうか?
それぞれ詳しく見ていきましょう。

夫婦で収入が安定し経済力がある

夫1人だけでなく、妻にも返済義務が生じるのがペアローンの特徴です。
そのため妻に安定した収入がない場合、妻側の返済が滞る可能性があります。
お子さまのいない夫婦であれば、問題なく返済できるかと思いますが、妊娠と出産を機に仕事から離れる人も多いです。
退職するのではなく、産前産後休業や育児休業を取りながら仕事復帰する予定の人にピッタリです。
お子さまが生まれても仕事を続ける予定の人や、ある程度のキャリアを持った妻がいる場合は、ぜひ検討してみてください。

団体信用生命保険に加入できる

夫婦で団体信用生命保険に加入することもおすすめです。
しかし団体信用生命保険はだれでも加入できるものではなく、一般的に一定の条件を満たさなければなりません。
健康状態によっては加入できない場合があるため、夫婦2人とも健康であることが条件です。
お互い働いていて、団体信用生命保険に問題なく加入できる健康状態であることがポイントとなります。
加入条件を満たしているか、あらかじめチェックしておくといいでしょう。
場合によって、夫1人だけで組む方が良いケースもあります。
また体調を崩さないように、普段から健康対策をおこなうのも大切です。

まとめ

この記事では住宅購入でのペアローンをテーマに、特徴や利用するメリットやデメリット、向いている人をご紹介しました。
さまざまなメリットがある反面、向いている人とそうでない人がいます。
そのため内容をよく理解したうえで契約してください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|岩倉市にある岩倉北小学校の教育方針!活動内容や寄せられた口コミは?   記事一覧   一戸建ての階段が苦痛になってきたら要検討!階段昇降機の設置方法・条件を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • スタッフ紹介
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ロックフィールド
    • 〒482-0024
    • 愛知県岩倉市旭町1丁目25番地
    • TEL/0587585822
    • FAX/0587585823
    • 愛知県知事 (1) 第24029号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

岩田久美子 最新記事



岩田久美子

明るく元気に住まい探しをサポート致します! ただの興味本位から資産運用まで、分からないこと・不安や疑問など、何でもご相談下さい!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る