岩倉市の新築戸建て、土地は【ワントップハウス岩倉店へ】 > 株式会社ロックフィールドのスタッフブログ記事一覧 > 家を売却する際は残置物の処分を!自分と業者どちらで片付ける?

家を売却する際は残置物の処分を!自分と業者どちらで片付ける?

≪ 前へ|自然と伝統の街!岩倉市の曽野小学校はどんな学校?いじめ対策や環境は?   記事一覧   戸建ての売却手法「オープンハウス」とは?メリット・デメリットも解説|次へ ≫

家を売却する際は残置物の処分を!自分と業者どちらで片付ける?

カテゴリ:不動産売却

家を売却する際は残置物の処分を!自分と業者どちらで片付ける?

家を売却するにあたり「不用品はどうしよう…」と悩んでいませんか?
そのような不用品を残置物と呼びます。
残置物である家具や家電を処分するためには費用がかかるので、そのままの状態で売ろうと考える人もいるでしょう。
この記事では残置物の扱いや処分方法(自分でやる場合と業者に依頼する場合)をお伝えするので、家の売却を検討中の人はぜひご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

家を売却する際は残置物を処分すべき?

家を売却する際は残置物を処分すべき?

まずは家を売却する際、残置物は処分すべきかどうかをみていきましょう。
冒頭でも触れましたが、残置物とは今まで家で使用していた家具や家電のことです。
家を売る際は売却活動やさまざまな手続きに追われ、残置物の処分まで手が回らなくなることもあります。
また処分するためには手間や費用がかかるのがデメリットです。
そのため「そのままの状態で売れば高値で売却できるかも」と思う人もいるのではないでしょうか?
しかし現状はその反対で、残置物がある場合は処分費用をマイナスしてから売りに出す必要があります。
残置物は売り主側で処分し、家を空っぽにしてから売却するのが一般的です。

なぜ処分しなくてはいけないの?

ではなぜ家具や家電は処分すべきなのでしょうか?
買主の多くは、自分好みの新しい家具や家電を使いたいと思うものです。
残置物はいわゆる中古品となるため、マイホーム購入時に喜んで受け取る人は少ないかと思います。
たとえ最新の家電や高級な家具だったとしても、買主が必ずしも喜ぶとは限りません。
そのため基本的にはすべて処分してから売りに出すことをおすすめします。

処分してから売却するメリット

残置物を処分してから売りに出すと、以下のようなメリットが生じます。

内覧時の印象が良くなる
メリットとしてまずあげられるのが、内覧したときの印象が良くなるという点です。
ものがたくさんある家と、なにもない空き家の場合、内覧時の印象が良いのは後者ではないでしょうか?
いくら整理整頓されていても、不用品であふれた家は買主にとってマイナス要素となってしまいます。
また売り主が今まで使用していた不用品があると、家の魅力が十分に伝わらず、成約に至らない可能性もあるでしょう。
不動産の売却は、「購入の可否は内覧にあり」といわれるほど第一印象が大切です。
そのため内覧時はなにもものがない状態で買主を迎えましょう。

買主の負担が減る
買主の負担が減るのも、メリットの1つです。
残置物がある状態で購入した場合、買主側で処分することになります。
なかには活用できる家具や家電があるかもしれませんが、自分好みのものに買い替えるのが一般的です。
処分するためには費用がかかるだけでなく、業者を手配したり搬出に立ち会ったり、手間や労力がかかります。
引き渡し後すぐに新生活をはじめられないので、残置物がある家はどうしても敬遠されてしまうのです。
不用品がなくすぐに新居での生活がスタートできるのは、買主にとって大きなメリットといえます。

売却する家の残置物を自分で処分する方法

売却する家の残置物を自分で処分する方法

つぎに売却する家の残置物を、自分で処分する方法をみていきましょう。

どのような残置物があるかをチェックし適切に処分する

自分で処分する場合、まずは残置物の種類を把握することからはじめます。
種類ごとの分別方法は以下のとおりです。

一般ゴミ
一般ゴミとは可燃ゴミや不燃ゴミ、資源ゴミのことです。
燃えるゴミやプラスチック、段ボールなどが該当します。
一般ゴミは自治体が指定するゴミ袋に入れ、決められた収集日に自分でゴミステーションに出してください。

粗大ゴミ
粗大ゴミは家電リサイクル法対象外の家電や家具、布団などが該当します。
リサイクル券を購入して業者に引き取りにきてもらったり、自分で直接持ち込んだりしますが、自治体が定めた排出ルールに従ってください。

家電リサイクル法対象の家電
家電リサイクル法対象の家電とは、エアコン、テレビ、洗濯機・乾燥機、冷蔵庫の4つが対象です。
購入した店舗に引き取りを依頼するか、家電リサイクル券を貼り付けて指定の取引先に自分で持ち込んで処分します。
また指定の取引先に引き取ってもらうことも可能です。
その際は引き取り料や運搬料などが発生するので注意しましょう。

パソコン(デスクトップ、ノート)や液晶ディスプレイ
パソコン関係の残置物は、パソコンリサイクル法に従って処分してください。
パソコンの本体にリサイクルマークがある場合は、メーカーや家電量販店、自治体が無料で回収してくれます。

小型家電製品
ヘアアイロンや掃除機、ゲーム機や電話機、ビデオカメラなどは小型家電に該当します。
小型家電製品もリサイクル法に従って処分するのですが、自治体によって方法が異なるので注意しましょう。
回収ボックスが設置されていたり、指定の宅配回収業者が無料で引き取ってくれたりするケースもあります。

リサイクルショップやフリマアプリを利用する

まだ使えそうな残置物は、リサイクルショップやフリマアプリを利用するのもおすすめです。
引き取り料が無料のリサイクルショップもあり、需要がある家具や家電は高値で買い取ってくれるかもしれません。
また最近はフリマアプリで不用品を処分する人も多くいます。
取り扱い説明書やパッケージがそのまま残っている場合、思っていた以上の値段で売れることもあるでしょう。
梱包や発送を自分でおこなう必要がありますが、処分費用を節約したい人は利用してみてください。

売却する家の残置物を業者に依頼して処分する方法

売却する家の残置物を業者に依頼して処分する方法

最後に売却する家の残置物を、業者に依頼して処分する方法をみていきます。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼すれば、手間をかけずに処分できます。
さまざまな業者がいるので、複数社に見積もりを取り、価格や条件などを見比べて選ぶのがおすすめです。
また不用品回収業者は残置物を処分する際、環境省から許可を得ている必要があります。
そのため一般廃棄物処理業をかかげている業者に依頼しないと、違法に処理されてしまうかもしれません。
また不用品回収業者に依頼する際は、費用が発生するのが一般的です。
「うちは無料で引き取っています」といったのに、回収後に高額な処分費用を請求されるケースがあるので注意してください。
しっかりとした実績があるところを選んだり、対応が丁寧な業者を選べば、安心してお願いできるでしょう。

残置物とともに買取で家を売却する

残置物とともに買取で家を売却するのも、1つの方法です。
不動産の売却には、仲介と買取の2種類があります。
仲介の場合は買主がお客さんとなるため、残置物の処分はもちろん、売り主側でも積極的な販売活動をおこなわなくてはなりません。
しかし買取は専門の業者に家を直接買い取ってもらう方法です。
買取業者は引き渡し後にリフォームやリノベーションして転売するため、残置物を含めて買い取ってくれるでしょう。
仲介に比べて買取金額は安くなりますが、残置物を処分する手間や労力を考えると、買取が良い場合もあります。
不用品のボリュームや状態、不用品回収業者に依頼する費用と比較し、どちらが適しているのかを考えてください。

まとめ

この記事では家の売却を検討中の人に向け、残置物の扱いや処分方法を詳しくお伝えしました。
内覧の印象を良くし、早期の成約につなげるためには残置物を処分してから売りに出すのがおすすめです。
不用品が多く自分でできない場合は、業者への手配も検討してみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|自然と伝統の街!岩倉市の曽野小学校はどんな学校?いじめ対策や環境は?   記事一覧   戸建ての売却手法「オープンハウス」とは?メリット・デメリットも解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • スタッフ紹介
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ロックフィールド
    • 〒482-0024
    • 愛知県岩倉市旭町1丁目25番地
    • TEL/0587585822
    • FAX/0587585823
    • 愛知県知事 (1) 第24029号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

岩田久美子 最新記事



岩田久美子

明るく元気に住まい探しをサポート致します! ただの興味本位から資産運用まで、分からないこと・不安や疑問など、何でもご相談下さい!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る