岩倉市の新築戸建て、土地は【ワントップハウス岩倉店へ】 > 株式会社ロックフィールドのスタッフブログ記事一覧 > 物件の売却には買取がベスト?仕組み・仲介との違い・メリットとデメリット

物件の売却には買取がベスト?仕組み・仲介との違い・メリットとデメリット

≪ 前へ|中古の戸建てを購入する際は内覧時にしっかり確認しよう   記事一覧   岩倉市で買い物するときのおすすめスーパー|次へ ≫

物件の売却には買取がベスト?仕組み・仲介との違い・メリットとデメリット

物件の売却には買取がベスト?仕組み・仲介との違い・メリットとデメリット

今回は、物件の売却で考えておきたい「買取の仕組み」について、わかりやすく解説します。
物件を売却したい場合に、不動産会社を通じて買い手を募る仕組みのことを「仲介」と呼ばれていますが、不動産会社に買い取らせる方法もあります。
この仕組みは、決められた期日までに売れなかった場合は、仲介する不動産会社、提携している会社で該当の不動産を買い取りしますよ、と約束されるものです。
でも、実際に持っている不動産を買ってもらう場合、売り主が得るメリット、デメリット、条件などのさまざまな点を考えなければいけません。
この記事は、不動産売却の買取の仕組みに関する疑問、不安に役立つ事柄を網羅しています。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

物件を売却する際の買取の仕組みとは?

物件を売却する際の買取の仕組みとは?

まずは物件を売却する際の「買取の仕組み」についてご説明します。
仲介と買取についてなんとなく知っている人は、この機会に仕組みについて理解を深めてください。

仲介との違い

先述したように、不動産を売却する際には不動産会社に頼んで買い手を見つけてもらう「仲介」という仕組みがあります。
不動産仲介では、個人が物件の買い主です。
そして不動産会社の業務は、該当物件の売買の仲介をおこなうことです。
対して、不動産会社に物件を買い取ってもらうことは、みなさんもよく耳にする「買取」と呼ばれています。
仲介では、該当の物件が売れない限りは現金化ができませんが、買取であれば不動産会社が購入者になるケースもあります。この場合、現金化も早く実現します。

物件買取は多くの売り主に喜ばれている

所有している物件を不動産会社に買ってもらえるので、実に多くの売り主に喜ばれています。
自身の家や土地を売却中であることを大っぴらにしたくない人や、まとまった現金が必要な人などに、おすすめの売却方法でもあります。

物件を売る際に買取をしてもらうメリット

物件を売る際に買取をしてもらうメリット

不動産会社に頼んで不動産の買い手を見つけてもらうのではなく、不動産会社に物件そのものを買ってもらうこともあります。
一つひとつ解説しますので、不動産売却の参考になさってください。

仲介手数料が不要

不動産を買い取ってもらうメリットの1つ目は、仲介手数料が不要である点が挙げられます。
自身の不動産を売却するにあたり、通常は仲介手数料が必要で、不動産会社に報酬として支払うのが通常です。
しかし、物件の買取となれば、こういった仲介手数料は不要になります。
不動産売却での仲介手数料の割合は日本の法律で定まっていて、該当不動産の売却価格が400万円以上であれば3%+6万円+消費税です。
仲介手数料の一例を挙げます。
3,200万円の物件を売る場合、112.20万円の仲介手数料を支払わなければいけません。
仲介手数料は物件の売買価格により異なるため、以下にまとめました。

●200万円以下:5%+消費税
●500万円~400万円以下:4%+2万円+消費税
●400万円以上:3%+6万円+消費税


こう言った仲介に関する手数料は、不動産会社に物件を買い取ってもらう買取では、発生しません。

現金化が早くできる

不動産を買い取ってもらうと、現金化されるまでの期間が短いので、この点も喜ばれています。
会社を通して不動産を売る仲介の場合、現金化はマンションで平均5カ月間ほど、戸建てで平均10カ月間ほどかかります。
まとまったお金が必要な人や、急な費用が必要になった人にも、現金化が早い点は売却条件として魅力に感じるでしょう。

ご近所の人に知られずに済む

不動産会社に持っている不動産を買い取ってもらうと、ご近所の人に売却の事実を知られずに済むことも、メリットです。
家を売っていることが知られること、あらぬ噂をたてられたり余計な心配をされることもあるかもしれませんが、買い取ってもらうとこれらの不安がなくなります。

契約不適合責任の免除

物件を買取してもらう場合、契約不適合責任が免除されることも、魅力の1つと言われています。
仲介の売却では、売り主に物件の壊れた箇所の修繕義務が発生しますが、不動産会社に買い取ってもらうシステムを利用すれば、この義務が免れるからです。

物件の売却で買取をしてもらうデメリット

続いては、不動産を買い取ってもらうことで生じる、デメリットについても考えてみましょう。
メリットがありますが、条件によってはデメリットになる可能性もあります。
具体的な例をあらかじめ知っておくことで、売ろうか検討する際に役立ちます。

不動産の種類・地域・築年数に条件がある

不動産の買取では、買い取ってもらう対象の種別が、マンションが中心であることが一般的です。
この理由は、戸建ての再販よりもマンションの方がやや期間が短く済むためです。
また、該当する不動産会社が売買を得意としているエリアの買い取りに限られる場合もあります。
他にも、築年数が30年以内、広さは50㎡以上など、不動産会社ごとに買い取り条件は異なるので、確認が必要です。
対象の不動産がマンションか戸建てか、該当の不動産会社の得意エリア内にあるかどうかなどは、物件買取の際にしっかりと考えると良いでしょう。

売値が低くなる傾向がある

不動産会社に不動産を買い取ってもらう場合、仲介に比べると売値が低くなる傾向があります。
これは築年数が古くても浅くても、当てはまる傾向です。
仲介の売値価格が100だとすると、買い取りは70くらいのケースが多いので、売値をイメージする際の参考にします。
どうしても仲介価格で売りたい人には、この仕組みの活用はおすすめできないため、しっかりと考えることが賢明です。
ただし、不動産を売る前に売値の相場をリサーチしておき、メリットの方が上回ると思える場合は、買い取ってもらう方法を考えます。

築浅など好条件な物件だと不利になる可能性がある

不動産買取では、築浅である、好立地であるなど、好条件な物件の場合は不利になりやすいというデメリットもあります。
築年数や立地などの条件が良くない物件の方が、買い取る価格から見ても有利なので、この点も把握しておきましょう。

物件の売却や買取にぴったりなケース

物件の売却や買取にぴったりなケース

では最後に、物件の売却や買取にぴったりな条件についてお伝えします。

旧耐震基準であったり築年数が経っている不動産

旧耐震基準で建築されていたり、築年数が経っている不動産は、買い取りしてもらうケースとして最適です。
また、修繕が必要で契約不適合責任に問われるような物件も、同様です。
仲介システムでは売り主に修繕義務があり、不具合のある箇所の修繕を求められますが、買い取りシステムではこれがないので売り主の気も楽です。

トラブルがあった不動産

人が亡くなっているなど、トラブルのあったいわゆる事故物件でも、買取を行ってもらえるケースとしておすすめと言えます。
市場価格より多少値が下がっても、プロに売りにくい物件を任せて売りたい、という人も選択するのが、買い取りの仕組みです。

すぐに現金が必要

すぐにまとまった現金が必要な売り主にも、不動産買取が選ばれています。
教育、介護など、ライフステージごとに異なる資金ですが、急を要する場合にも、不動産買取システムが助けになることがあるからです。

まとめ

皆さんに、物件売却で検討したい買取りの基本的な仕組みについてくわしくお伝えしました。
不動産を売る場合、仲介を使うのがが良いのか、買い取りが良いのか、それは不動産会社によってさまざまなケースがあり、自己判断しかねる場合も、あると思います。
該当不動産が買取条件に即しているのかも、素人ではわからない場合もあるかもしれません。
そのような場合は、プロである不動産会社に相談したり、査定をお願いするのがおすすめです。
プロは豊富な知識や仕組みを持っていて、買い主にメリットとデメリットを伝えたり、売却を成功させることもできるからです。
この記事を参考にしていただき、皆さんの不動産売却がうまくいけば幸いです。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|中古の戸建てを購入する際は内覧時にしっかり確認しよう   記事一覧   岩倉市で買い物するときのおすすめスーパー|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • スタッフ紹介
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ロックフィールド
    • 〒482-0024
    • 愛知県岩倉市旭町1丁目25番地
    • TEL/0587585822
    • FAX/0587585823
    • 愛知県知事 (1) 第24029号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る