岩倉市の新築戸建て、土地は【ワントップハウス岩倉店へ】 > 株式会社ロックフィールドのスタッフブログ記事一覧 > 住宅購入の親子リレーローンとは?メリットと注意点を紹介

住宅購入の親子リレーローンとは?メリットと注意点を紹介

≪ 前へ|岩倉市で買い物するときのおすすめスーパー   記事一覧

住宅購入の親子リレーローンとは?メリットと注意点を紹介

住宅購入の親子リレーローンとは?メリットと注意点を紹介

単独ローンが難しい時などに提案される親子リレーローンは、同居などを予定しているときに最適な方法です。
特に住宅は長期的に返済が必要になることも多いので、自分に合った方法を選ばないと、のちに家族が大変な思いをしてしまいます。
ローンの内容についてよく理解し、実際に家を購入するときに自身にあっているかどうかしっかり判断しましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅の親子リレーローンとは?その条件について

住宅の親子リレーローンとは?その条件について

親子リレーローンとは、親子でひとつのローンを世代を超えて返済していくことです。
先に親がローンの支払いをおこないます。
そうして親が退職や死亡などによって返済ができなくなったら子どもがローンを返済して行く仕組みのことです。
自身のローンだけでは建築が難しかった二世帯住宅だったり、できるだけ家族全員の要望を叶えた家を建てるときなどに使われることが多い方法です。
リフォームなどにも充てることが可能ですので、活用方法はさまざまです。
住宅購入などの際に使われる方法で、契約・申し込みする先によって、親子二世代型などと名称も変わってきます。
リレーローンにはいくつかの条件が存在しますが、その内容も相談する場所によって少し異なるようです。
しかし共通している点も多く存在し、多くの場合は同居を検討しているかどうかといった部分や、親と子、どちらも安定した収入があるかどうかです。
また、借入時の年齢が満20歳以上から満70歳未満というのも多く設定される条件です。
他にも子どもの団体生命保険の加入だったり、返済を引き継いでいく子どもは一人だったりとさまざまな条件が存在します。
他にも似たようなローンで親子ペアローンと呼ばれるものが存在しますが、条件やローンの組み方が異なります。
リレーローンの場合は1つの住宅に対して親子で返済していきますが、ペアローンは各1件ずつローンを契約します。
返済方法も親子順番におこなうわけではなくて、同時期に一緒に返済が開始されます。
リレーローンは、親子でリレーのように返済を行っていくローンですが、血縁以外にも義理の親子でも利用が出来ます。
そのため子どもが結婚したあとにその配偶者とローンを組むといった方法も取ることができるのです。
血縁者でも義理の親子でも、同居しているか同居の予定があるかというのも条件ですので、注意しましょう。

親子リレーローンを組むメリットとは?

親子リレーローンを組むメリットとは?

ではリレーローンを組むことで得られるメリットとはどういった部分でしょうか。
真っ先にあげられるのが、借入金額が上がるという点です。
これは親の収入、子どもの収入が合算して申し込むため、一人では購入が難しかった二世帯住宅も、リレーローンを選択することで建てられるようになります。
また、親と子どもでの返済になるので、長期的にローンが組めるのもメリットです。
還暦を迎えた親がローンを組もうとしても、返済期間の年数が短くなってしまいますが、親子で組めば、子どもの分長期的に組むことが可能です。
そのため、親が高齢でも契約が可能な場合がありますので申し込む際には一度相談してみるのも良いかもしれません。
通常よりも高額な融資が受けられるので、住宅選びの幅もぐっと広がるのも大きな利点と言えます。
家の購入はけっして安いお買い物ではありませんので、妥協しない住宅選びのためにも活用してみるのは良いのかもしれません。
こうした性質をもっているので高額なローンに限らず、親子でそこまで収入が高額じゃない場合にも利用することができます。
それぞれ個人ではローンが組めなくても、二人で申し込んだら大丈夫だったという場合もあります。
ひとつの住宅を一緒に購入し、親と子どもにわたって住み続けるのであれば利用しやすいローンです。
さらに住宅ローン控除の効果が高まる可能性があります。
これは住宅借入金等特別控除と呼ばれるもので、住んでから10年の間はローン残高の1%分の税金が還元されるものです。
これは住宅ローンの残高に対して適応されるので、返済がスタートしていない子どもも控除を受けられるのが特徴です。
還付には申請が必要ですので、忘れずに申請しましょう。
さらに親子での返済は長期間になるので、月々の金額も少なく済ませられます。
ローンと言ってもさまざまな利点が存在しているので、要件に合う方は住宅購入の際に検討してみましょう。

親子リレーローンのデメリットと注意点

親子リレーローンのデメリットと注意点

メリットがあれば当然デメリットや注意点も存在します。
大きなデメリットになりかねないのが、親が亡くなってしまったときです。
通常、団体信用生命保険は返済中に死亡などの何かしらの事情で返済が不可能になってしまった際に代わりにローンを返済してくれます。
この団体信用生命保険には先に返済ができなくなる親ではなく、当然ながら子どもが加入します。
そうなれば親が思いがけない事故や病気などで早期的に亡くなってしまったり、仕事が難しくなるほどの障害を抱えてしまったときには、ローンの負担はすべて子どもに行ってしまいます。
子どもが自身で返済して行く予定だった金額に足されてしまい、返済不能になってしまうリスクを抱えているのです。
せっかく毎月の負担額を減らす役割もある親子リレーローンですが、親が返済できなくなってしまったときのこともしっかりと計画しておかないと、大きなデメリットとして子どもにのしかかります。
さらに兄弟や姉妹などの親族が居る場合には、親が死亡してから相続でトラブルが発生しかねません。
ローンを返済している途中に死亡すると、返済中の住宅も相続の対象になります。
子どもの名義にしてしまう方法もありますが、贈与税なども考慮する必要が出て来ます。
親の名義なら相続、相続税対象、子どもの名義なら贈与税対象となるので、どちらが自分たちにとって負担がすくないのか、というのを事前に確認しておきましょう。
さらにまだ支払いが発生していないとはいえ、子どもにも返済義務がある状態です。
そうなるとリレーローンでの返済期間中に新たに住宅購入が難しくなってしまいます。
住宅ローン以外にも、結婚してさらに子どもができれば教育ローンも必要になりますし、ライフスタイルの変化で車が必要になれば当然車のローンも必要となります。
結果として、こうしたローンが組めなくなる可能性が非常に高くなってしまうのです。
当初は同居を予定していたとしても、仕事の関係でどうしても同居を解消しなければならなくなったり、転勤などが続いてしまい、思うように同居できなくなってしまうこともあります。
特にそうした予定もないと考えていても、何十年と長期的になれば何が起こるかは誰にもわかりませんので、そうした事態になったときにことも想定して何かしらの対策は必要となります。
すでに結婚していて配偶者も同居に賛成しているのであればそこまで大きなトラブルになりませんが、結婚相手が同居を拒否してしまう可能性も考えられます。
長期的に返済ができる分、長い人生で起こりうる多くのトラブルを考慮する必要があるローンであることを忘れてはいけません。

まとめ

二世帯住宅などの購入のために活用しやすい親子リレーローンの条件とは、親子で同居し、双方に返済能力があるかというものでした。
リレーローンにはメリットも大きいですが、デメリットや注意点も多く、組む際にはさまざまなトラブルを想定する必要があります。
上手く活用して、理想的な住宅購入を実現しましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|岩倉市で買い物するときのおすすめスーパー   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • スタッフ紹介
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ロックフィールド
    • 〒482-0024
    • 愛知県岩倉市旭町1丁目25番地
    • TEL/0587585822
    • FAX/0587585823
    • 愛知県知事 (1) 第24029号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る